PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天使な小生意気

天使な小生意気 (1) (少年サンデーコミックス)天使な小生意気 (1) (少年サンデーコミックス)
(1999/10)
西森 博之

商品詳細を見る

西森先生の「天使な小生意気」を読みました。
10巻までは連載時から持ってたんですが最終巻まで読んだのは初めてです。
感想はあえて言わせてもらえば駄作とまではいかないまでも西森作品の中では最下位です。
しかし勿論ある一定の面白さはあります。そしてあくまで個人的な見解なのであしからず。
西森先生といえば当然「今日から俺は!!」が代表作ですがこの作品には大分劣ります。
そして僕の中の2位は「お茶にごす。」3位に「道士郎でござる」
大分離されて4位「天使な小生意気」って感じです。ちなみに他作品はまだ未読です。

まず何がいやなのかってゆうのが主人公が女ってとこですね。
別に男女差別的な意味ではなく、漫画だからギリギリありえそうとゆうラインを大きく超えて
いくら武道を極めてもきゃしゃな女性にこれは流石に無理だろう!とゆうシーンが多いです。
(武器を持った不良十人以上を手錠をしたまま倒す。とか)
そこで結構温度差をくらいました。あくまで僕の場合ですが。

・・・が、そこは差ほど問題ではなく、メインが女であることによって
悪人が悪っぽくかんじられなかったんですね。
西森先生の悪人は多少の違いはあれど全部似てるんですが、
まぁ平たく言えばワンパターンって奴です。(そこはむしろ鉄板芸なので評価できる点なんですけど)
そのお決まりの不良(悪役)が少年誌の限界で一線を超えられないため
悪人が絶世の美女(主人公)にたいして当然やるはずの行為を出来ない訳です。
(きわめてオブラートに書いてみましたけど。つまり○○な行為です。)

どうかんがえてもそれが一番ダメージだと思うのになぜかしません。
身動きをとれなくして無防備なのになぜかしません。
精神的ダメージを与えるのが目的なのになぜかしません。
もはや違和感を超えこの悪人 実はいい人なんじゃないの?と思うレベルでした。
しかし先にも言いましたが人殺しとこの行為はこのジャンルの少年誌ではタブーであるため
ある意味仕方ないのです。よって主人公が女であるのが大きくマイナスになったわけです。
今日俺のように男なら殴る蹴るでもOKだったんですけどね。
・・・ずいぶんややこしく遠回りに書いたのでわからなかった人はスルーしてくれていいですw

そして最後の読後感も最悪でした。これはさらに個人的な見方ですが、
メグミ×ゲンゾウのカップリングが単純に嫌だったのと
仮にそのカップリングだとしても最後はうやむやにする感じで終わらせてほしかったです。
まーはっきり言えばキスシーンは見たくなかったって事ですね。
なんか「YAWARA」の最後を見た時を思い出しましたw
キモイ書き方をすれば俺のメグミをゲンゾウにとられた~!!・・・みたいなw
しかしこれは作者の狙い通りだと思うので逆に成功なのかもしんないですがね。

あとこの作品は他の西森作品にくらべ、ラブコメの「ラブ」の要素が多いためか
肝心のギャグの切れが悪く全巻通しても声を出して笑ったのは2回くらいしかなかったです。
ちなみに今日俺では20倍くらいはあったと思います。

文章にしてみたら思いのほか否定的なことばかり書いちゃいましたが、
勿論いいところも沢山ありました。(具体的に書くと収拾がつかなくなるので止めますが)
結論を言えば「つまらなくはないけど西森作品の中では僕好みでない作品」って感じです。
関連記事

| 漫画道 アニメ道 | 05:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sodeyama.blog95.fc2.com/tb.php/313-cbcbb4e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。